2018年02月12日

ガンダーラ 仏陀の聖戦 〜レトロゲーム紀行〜

昔は攻略サイトがなくて、攻略本などに頼ることもあったがPCソフトは攻略本もあまりなかった。

それゆえに面白くて途中で投げるソフトは多かった。

ガンダーラもエニックスが制作しただけあってアクションも楽しかったが、途中で何をすればいいかわからなくなって投げたソフトだ。











ゲーム概要


ゼルダの伝説の様なアクション。
ステージは順番は忘れたが、人間界や餓鬼界などの6つの世界を舞台にクリアしていく。


レビュー


アクションはそれほど難しくなかったと記憶するが、途中で何をすればいいのかわからなくなってやめたのでいろいろと記憶は定かではない。
ただプレイしている途中は楽しかったことだけ覚えている。



■ガンダーラ 仏陀の聖戦
ジャンル:アクション
ハード:PC8801SRシリーズ
メーカー:エニックス
発売日:1980年



中古PC-8801SRソフトガンダーラ 仏陀の聖戦
押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 17:30 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

アンジェラス 悪魔の福音 〜レトロゲーム紀行〜

エニックスから発売されたこのソフトは、大作級のタイトルで期待するなという方が無理だった。

この前には、ジーザスなどヒット作品を連発するエニックスなのだから当たり前だろう。

しかし、伏線回収されないと消化不良を起こすという現象をこのゲームで初めて体験したのかもしれない。









ゲーム概要


コマンド選択式のオーソドックスなアドベンチャー。


レビュー


正直何を期待して買ったのかも覚えていない。
クリアした後には、えっ・・・終わったの?って単に短かっ!って思った。
パソコンソフトはそれなりに高かったから、それに反してボリュームが少なく感じると不満も大きい。
ましてや、アドベンチャーは繰り返し何度も遊べるものでもないしな。



■アンジェラス 悪魔の福音
ジャンル:アドベンチャー
ハード:PC8801SRシリーズ
メーカー:エニックス
発売日:1988年7月



中古PC-8801SRソフトアンジェラス〜悪魔の福音〜

押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 17:22 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

マッピー 〜レトロゲーム紀行〜

ぶっちゃけゲームより、音楽の方が耳に焼き付いているゲーム。

この時代のゲームは単調な電子音だけどリズミカルでとても覚えやすく、文字のカタカナでも表現できるわかりやすい曲。

壮大な手の込んだ音楽もいいけど、こういったいかにもなゲームミュージックも懐かしかったりするものです。


チャラララーラ チャチャチャラリラー♪

ひとによってカタカナ表現は変わってきそうですが(笑)











ゲーム概要


主人公はねずみ、敵は猫という、どこかで見た様なアニメ設定。
家をモチーフとしたステージで、ドアやジャンプを使いながら逃げつ倒しつつなコミカルアクション。








レビュー


ドアの交差、ジャンプの交差などが面白い。
しかし、敵の移動パターンを読んでプレイしないとあっという間にやられてしまうかわいい設定とは裏腹に難易度は高い。


■マッピー
ジャンル:アクション
ハード:ファミコン
メーカー:ナムコ
発売日:1984年11月4日



中古ファミコンソフトマッピー


3DSのゲームボーイ版バーチャルコンソールなどでもプレイ可能

押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 17:30 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする