2018年02月05日

QIX  〜レトロゲーム紀行〜

ゲーセンでこれを見た時は子供ながらに面白すぎて魅入ってしまった。

人がやってるとものすごく簡単そうに見えるけれど自分がやると激ムズ。

アクションパズル的なこの陣取りゲームは、今プレイしてもものすごく完成度の高いゲームと思う。


今改めて考えるとゲーム名もなんかセンスあるな。









ゲーム概要


ドットみたいなやつを中央のうねうねをよけながら、へんなのをよけながら陣地を拡大していく。








レビュー


ルールがシンプルなので誰でも気軽に遊べる。程よい緊張感で完成度の高いゲームであったと思う。



■QIX(クイックス)
ジャンル:アクション
ハード:アーケード
メーカー:タイトー
発売日:1981年


QIXはPSPソフトタイトーメモリーズ ポケットなどでプレイ可能。


中古PSPソフトタイトーメモリーズ ポケット [通常版]


または続編にこれ


中古PSPソフトQIX++


3DSのゲームボーイ版バーチャルコンソールでもプレイ可能

押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 17:00 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

バルーンボンバー  〜レトロゲーム紀行〜

BALLONまで気合の入ったロゴの下に小さくBOMBERと普通の文字。

気合がはいってるのか、はいっていないのかよくわからないロゴ。

昔のゲーセンのゲームは今も変わらず50円か100円だったので

こんな瞬殺されるゲームは二度とやるかと切れそうになったものだ。










ゲーム概要


風船を撃って爆破させるが、逆に風船からの爆弾が地面に着弾すると地面が欠けて移動範囲がどんどん狭くなる。
砲台は瞬間移動できるわけでもないので、あっという間に足場がなくなり殲滅されるという高難易度理不尽シューティングゲーム。








レビュー


ある程度パターンを決めてやらないとすぐに詰む。ミスしても詰む。ミスしなくても詰む。



■バルーンボンバー
ジャンル:シューティング
ハード:アーケード
メーカー:タイトー
発売日:1980年


バルーンボンバーはPSPソフトタイトーメモリーズ ポケットなどでプレイ可能。


中古PSPソフトタイトーメモリーズ ポケット [通常版]
押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 19:02 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

ディグダグII  〜レトロゲーム紀行〜

スペランカーやスパルタンXなど有名ではあるが、2が発売されていることは知らない人も少なくはないだろう。

ディグダグIIもそんな2で一気に影を落としたソフトであると思う。

キャラはそのままで、舞台は地下から地上の島へと移ったわけだが、ぶっちゃけ地下を掘ってる方が楽しかったし、島の上だとなんだか進んでる感じがしなかったからなぁ。









ゲーム概要


島の上を移動しながら、ポンプで破裂させたり、島を崩して敵を殲滅すると面クリア。


レビュー


見た目は斬新な感じもしたが、やはり旧作の方がルールがわかりやすかったように思う。
あと、あまり代わり映えもしなかった。


■ディグダグII
ジャンル:アクション
ハード:ファミコンソフト
メーカー:ナムコ
発売日:1986年4月18日





中古ファミコンソフトディグダグII (状態:外箱状態難) (箱説あり)


ディグダグIIはWiiUのバーチャルコンソールや、ナムコミュージアムなどでプレイ可能。
押入れの奥に眠っているガラクタが、
もしかするとお宝かもしれない!
高額買取リストで、まさかのプレミアムレア化していないかチェック!
お売りください。駿河屋です。
最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ←ついでにクリックしてくれぃ
posted by けろお at 17:30 | Comment(0) | レトロゲーム紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする